ダイヤモンドの消費が多い国は

中国が日本を抜く

新政府の立て直しで拡大するインド市場と日本のダイヤモンド買取

世界最大のダイヤモンド消費国は、アメリカです。
現在も年数%でダイヤモンドの消費は伸びており、世界最大のダイヤモンド消費国の座を守り続けるでしょう。

しかし、近年ダイヤモンドの消費量でアメリカよりも勢いがあるのは、中国とインドです。
5年後の2020年には、中国とインドがアメリカに匹敵するほど、巨大なダイヤモンド市場になると予測されているほどです。

日本のダイヤモンド消費量を抜いた中国に勢いがあるのは、近年の経済成長から考えれば、誰もが納得することでしょう。
しかし中国と違いインドは、まだまだこれからの国です。
人口の多さから潜在的な経済成長は見込まれていても、ダイヤモンドの消費量がこれから伸びるとは思えないでしょう。

インドのダイヤモンド市場が拡大するためには、新政府が行う立て直し政策が鍵です。
新政府の下で立て直しが進めば、ダイヤモンドを購入する中産階級は2015年時点で2010年の倍になるとされ、それだけ需要が増えるようになります。

インド国民が豊かになるだけではなく、婚姻数の増加も需要が見込まれる理由の一つです。

インドも、婚姻時にはダイヤモンドを贈ります。
婚姻数の増加とダイヤモンドの需要は世界中で比例しているので、新政府の立て直しと共に需要が増加する理由とされているのです。

これらの理由から、数年後にはインドは中国とアメリカに匹敵するダイヤモンド市場になるとされています。
日本にも、中国とインドのダイヤモンド市場が拡大すると、さまざまな影響が出てくるでしょう。

例えばダイヤモンド買取では、査定額のアップを期待できるかもしれません。
日本のダイヤモンド買取では、買い取ったダイヤモンドを中国やインドなど海外に輸出しています。
海外での市場が伸びれば、それだけダイヤモンドの価格も高騰するでしょう。

つまり、中国やインドのダイヤモンド需要が大きくなり市場が拡大することによって、日本のダイヤモンド買取価格はアップすることに繋がるのです。
数年後にダイヤモンド買取をすると、現在よりも高額でダイヤモンド買取できるかもしれません。

ダイヤモンド市場で中国やインドに抜かれてしまうのは、日本人として寂しいと思う人もいるでしょう。
しかし、ダイヤモンド買取に関していえば、中国とインドの需要が伸びることは大歓迎です。
世界のダイヤモンド市場が伸びて日本のダイヤモンド買取にも好影響が出ると、ますますダイヤモンド買取をする人は増えるでしょう。

Leave a reply

Your email address will not be published.