ダイヤモンドの消費が多い国は

中国が日本を抜く

中国の中流層の若者がダイヤモンド買取でダイヤ熱を支える存在に

かつて日本では男性が女性にプロポーズする際に、ダイヤモンドの指輪を贈るという習慣が欠かせませんでした。日本がバブル経済の真っただ中にあった時期には、品質の高いダイヤモンドのアクセサリーが、日本人のごく一般的な家庭で購入されていた経緯があり、バブル期に日本で購入されたダイヤモンドは数兆円にも上ると言われています。

その後バブル経済が崩壊するとともに、日本の人々はダイヤモンドのアクセサリーが日常的にほとんど出番がないことに気づき、ダイヤモンド買取業者などを介して手放す人が増えてきました。かつてはダイヤモンドの消費が多かった日本に変わり、中国の中流層などの若者が日本の中古ダイヤモンドを加工したものを消費する傾向にあると言われています。

世界で流通しているダイヤモンドはその多くがインドで加工されており、日本の中古のダイヤモンドは現地の業界ではとてもよく知られていて、最先端の機器による測量を行ったり、最新のデザインに加工されることによって、その価格が数倍にも跳ね上がることも珍しくないと言われています。かつての日本の若者のように、プロポーズの証としてダイヤモンドを使うかどうかは別として、日本の中古のダイヤモンドが中国市場でブレイクするかどうかという点は、まだ未知数だと現地では報じられています。

ダイヤモンドという宝石はほかの宝石とは異なり、カットやカラーなどに対して唯一、等級を付ける宝石です。原石がより純粋で不純物を含まず、透明度の高いものが尊重され、多くの人々が心を奪われるその美しさは、優れたカッティングによってさらに磨きをかけられます。他の色を持つ宝石とは決定的に異なり、高貴で希少価値の高い特別な石、それがダイヤモンドの大きな魅力です。

かつての日本がそうだったように、中国の若者がダイヤ熱を支える存在になりつつあると言われますが、中国の富裕層にはダイヤモンドがオリジナルの新品であることを求める傾向にあるとも言われています。そのため中国の富裕層が、日本のダイヤモンドの中古をリメイクしたものをことさらに好むことは考えられません。けれども中国の中流層には、質が高くより魅力的に加工されていながら、まったくの新しい石よりも手に入りやすい中古のダイヤモンドへの関心は決して低くはないと言われています。

ダイヤモンド買取によって、かつて自分が持っていたものを鑑定してもらい手放そうという時には、ダイヤモンド買取業者の選び方も重要です。確かな鑑定技術を持つ、できれば有資格者を擁するダイヤモンド買取業者にダイヤモンド買取を依頼するのがおすすめです。

Leave a reply

Your email address will not be published.