ダイヤモンドの消費が多い国は

中国が日本を抜く

品質の良いものはダイヤモンド買取で高額な価格が付きます

ダイヤは古くからインドで採掘が行われてきたことが知られており、17世紀頃にはブラジルなどでも発見されるようになります。
ダイヤは太古の時代から残されているキンバーライト岩石があるところでしか採掘ができないために、希少性の高さから高額な価格で世界中に流通しています。
15世紀ごろからヨーロッパにおいて、ダイヤを研磨する技術が開発されたために、それまでの岩石としての利用から宝飾品に使用されるようになり、現在では宝石の王様として位置づけられています。

ダイヤがこれほどまでに世界中で流通している理由は、デビアス社の影響が大きいものと考えられます。
ダイヤモンドが採掘される多くの鉱山を独占することで、一時期には生産量の9割ほどを独占した時代もありました。

その後において新しい鉱山が発見されたこともあり、デビアス社の生産量は全体の4割ほどになりましたが、生産と流通、販売などを一手に手掛けることで利益を生み出すことに成功しました。
企業の力を使って、ダイヤは現在ほどに世界中で取引が行われる宝石に成長したと言えます。

ダイヤの品質に関しても、世界的に共通している4Cという評価基準によって価格が決められます。
4Cはカラーやクラリティ、カット、カラットの4種類の分野が存在しており、それぞれにおいてグレードによって評価されます。
ダイヤモンド買取店では、グレードによって買取価格を判断が行われますので、購入するときから品質の良いものを選択しておく必要があります。

また、ダイヤモンド買取店に良い値段で買い取ってもらうには、質を落とさないことが重要です。
使用するときにも丁寧に行うことが大切で、傷つかないように取り扱わなければなりません。
汚れやほこりが付いたときには綺麗に拭く必要があり、品質を落とさないことでダイヤモンド買取店で査定を受けるときに高額な値段を付けてもらうことが可能になります。

グレードを証明するためのダイヤの宝飾品には、鑑定書が付けられていますので、ダイヤモンド買取店に売却するときには一緒に査定に出すことがおすすめです。
環境が悪い場所に保管していると質が悪くなってしまう可能性がありますので、温度や湿度に注意をして、風通しの良い場所に保管しておくことがダイヤモンド買取での査定を良くするポイントになります。

ダイヤは硬い特徴を持っているので傷が付かないイメージのある人も多いかもしれませんが、実際には落としたり、粗末に扱うことで傷が付きます。
他の宝石と当たってしまうと別の宝石に傷を付けてしまうので、1つずつ宝石箱に入れて保管しておくことで良い状態を維持させることが可能になります。